HISTORY

明治

7年(1874年) 初代堀田良助 名古屋の時計商林市兵衛商店(後の時盛舎/林時計製造所)に入店
12年(1879年) 初代良助 名古屋で時計卸小売商を創業
28年(1895年) 新築の店舗に時計塔を設置、話題を呼ぶ
30年(1897年) 米国アンソニア、アイゼキ両社より8日巻掛時計機械を輸入し、自家製ケースに組み立てて販売
38年(1905年) 二代目 良助 襲名
明治期名古屋鉄砲町時代金守先生自画自刻版画
明治期名古屋鉄砲町時代
金守世士夫先生
自画自刻版画
明治期鉄砲町時代 明治期名古屋鉄砲町時代
金守世士夫先生
自画自刻版画

大正

13年(1924年) 三代目 良助 襲名
   

昭和

3年(1928年) 三代目 良助 業界を引退 六造が三代目を継承
11年(1936年) 四代目 良平 家業を継承
13年(1938年) 四代目 良平 応召のため休業
21年(1946年) 四代目 良平 復員
22年(1947年) 時計卸商 堀田良平商店として再発足
23年(1948年) (株)堀田時計店に組織変更
東京店を東京都中央区に開設
24年(1949年) 東京店を東京都台東区上野に移転
25年(1950年) 貿易部新設、第1回年末謝恩大展示即売会開催
26年(1951年) 本社を名古屋市中区錦に新築移転
27年(1952年) スイス エレクション社と総代理店契約締結
28年(1953年) スイス オーデマ・ピゲ社と日本代理店契約締結
30年(1955年) 優良問屋として中小企業庁長官表彰受賞
32年(1957年) 輸出用トラベルクロックを開発、当社の対米輸出の基盤確立
卸末広会発足(39年ホッタクラウン会と改称・49年2月解散)
33年(1958年) 全国主要得意先第1回店主経営ゼミナール開催
(44年ホッタミスター会と改称、54年解散)
34年(1959年) 本社業務を名古屋本社から東京店に移行
全国主要得意先第1回主婦ゼミナール開催(42年ホッタミセス会と改称、56年解散)
35年(1960年) 明豊時計(株)を吸収合併 大阪店開設
37年(1962年) 宝石部新設
38年(1963年) スイス ビューシェ・ジロー社と日本総代理店契約締結系列会社、パブリカ足立(株)設立
(44年トヨタカローラ足立(株)と社名変更平成10年ホッタグループより分離)
第1回ホッタパーティ 欧州時計業界視察
39年(1964年) 第2回ホッタパーティ 世界一周旅行実施(54年、第25回を最後に中止)
大阪店を南船場に新築移転
46年(1971年) 東京ホッタビルを東京都台東区に竣工
54年(1979年) 創業100周年記念式典挙行
三代目 堀田八二朗 自伝 「風流時圭男」 発刊
56年(1981年) 系列会社ホッタ・ゼイルコーポレーション(現(株)ポンテヴェキオホッタ)を米国ゼイル社と合弁で設立(61年合弁解消)
60年(1985年) (株)堀田時計店から(株)ホッタに社名変更
62年(1987年) (株)ホッタを4社に分社化
(株)ホッタタイム、(株)ホッタ宝飾、(株)ホッタインターナショナルを設立
堀田邦彦が五代目継承 4社の社長に就任
(株)ホッタ・ゼイルコーポレーションを(株)ポンテヴェキオホッタに社名変更 (平成11年分離独立)
空からチラシ散布
空からチラシ散布
 
 
宣伝用の象のパレード
宣伝用の象のパレード
 
 
東京支店開設スナップ
東京支店開設スナップ
 
 
ロレックス創立者ウィルスドルフ氏と四代目良平社長
ロレックス創立者ウィルスドルフ氏と四代目良平社長
 
 
創業100周年記念式典
創業100周年記念式典
空からチラシ散布 空からチラシ散布
宣伝用の象のパレード 宣伝用の象のパレード
東京支店開設スナップ 東京支店開設スナップ
ロレックス創立者ウィルスドルフ氏と四代目良平社長 ロレックス創立者ウィルスドルフ氏と四代目良平社長
創業100周年記念式典 創業100周年記念式典

平成

元年(1989年) 系列会社(株)ポンテヴェキオホッタの社長に堀田幸夫就任
トヨタカローラ足立(株)の社長に堀田幸夫就任
2年(1990年) ホッタの戦後史「ホッタ小史」発刊
7年(1995年) 名古屋にブライダル専門店「アンジュベェルビー」1号店オープン(平成20年閉店)
9年(1997年) スイス ポールピコ社と日本総代理店契約締結
大阪にブライダル専門店「アンジュベェルビー」2号店オープン
10年(1998年) 南青山に「リストランテ カ・アンジェリ」をオープン(平成21年閉店)
東京本社ビルの屋上を緑化、電光時計設置
11年(1999年) イタリアのピエログイディ社と合弁でピエログイディジャパン(株)設立(平成15年分離独立)
12年(2000年) 銀座に「アンジュベェルビー」3号店オープン(平成19年閉店)
13年(2001年) ホッタタイムをホッタグループより分離独立
ホッタ宝飾、ホッタインターナショナルを吸収合併
14年(2002年) ロレックス正規品専門店「レキシア銀座」を東京銀座にオープン
「アンジュベェルビー」2号店を大阪南船場に移転(平成20年閉店)
15年(2003年) スイス フォルティス社と日本総代理店契約締結
16年(2004年) 堀田邦彦 会長に就任
六代目 堀田峰明 社長就任
輸入マリッジリング「ユーロウエディングバンド」を販売開始
創業125周年感謝の集い挙行 於ホテルニューオータニ
時計のアフターサービス業務に特化した(株)ラボランテを設立
17年(2005年) 堀田邦彦 相談役に就任
「レキシア銀座 栄ラシック店」を名古屋市中区栄にオープン
「レキシア銀座 花椿通り店」を銀座並木通りに移転し
「レキシア銀座 並木通り本店」として拡大オープン
「レキシア銀座 心斎橋店」を大阪市中央区南船場にオープン
18年(2006年) 輸入時計総代理店機能を分離、直輸入時計のブランドマネージメントを専任で行う ㈱ホッタインターナショナルを設立
19年(2007年)

本社を東京都中央区銀座に移転
名古屋営業所を中区錦3丁目に移転
関連会社 ㈱ラボランテの全ての事業を継承、サービス部として稼動する
戦後再建60周年を記念して、社業の歩みをモチーフとした小説 「風流時圭男」 を幻冬舎より発刊

20年(2008年) 名古屋営業所を中区錦3丁目内の桜通大津第一生命ビルに移転
21年(2009年) 岐阜県白川町にて創業130周年記念植樹会挙行
㈱ホッタインターナショナル、㈱ホッタのサービス部を統合
㈱ホッタインターナショナル、ドイツ ジン スペツィアルウーレン社とSinnブランドの日本における総代理店契約締結
22年(2010年) 旧ホッタビル跡地に スーパーホテル上野・御徒町 竣工
23年(2011年) 三越日本橋本店、 伊勢丹新宿本店のロレックス売場運営を開始
25年(2013年) 新潟三越内 時計宝飾テナント ㈲富士商会の全株式を取得
㈱ホッタインターナショナルを吸収合併
26年(2014年) 新潟三越 宝飾・時計サロンの売場運営を開始
札幌三越、 名古屋三越栄店のロレックス売場運営をスタート
伊勢丹相模原店、 伊勢丹浦和店のロレックス売場運営をスタート
広島福屋八丁堀本店のロレックス売場運営をスタート
27年(2015年) 金沢大和香林坊店のロレックス売場運営をスタート
銀座三越、 高松三越のロレックス売場運営をスタート
28年(2016年) 東急渋谷本店のロレックス売場運営をスタート
29年(2017年) レキシア銀座 を「ロレックス ブティック レキシア」に店舗名変更
「ロレックス ブティック レキシア GINZA SIX 店」 を銀座6丁目の商業施設『GINZA SIX』1階にオープン
「ロレックス ブティック レキシア 銀座並木通り本店」 を銀座7丁目より銀座6丁目に移転、拡大オープン
ロレックス正規品専門店「レキシア銀座」オープン
ロレックス正規品専門店
「レキシア銀座」オープン
 
 
創業125周年感謝の集い
創業125周年感謝の集い
 
 
名古屋にレキシア銀座栄ラシック店オープン
名古屋にレキシア銀座
栄ラシック店オープン
 
 
レキシア銀座並木通り本店として拡大オープン
レキシア銀座並木通り
本店として拡大オープン
 
 
大阪にレキシア銀座心斎橋店オープン
大阪にレキシア銀座
心斎橋店オープン
 
 
レキシア GINZA SIX店を銀座6丁目にオープン
レキシア GINZA SIX店を
銀座6丁目にオープン
 
 
レキシア 銀座並木通り本店を銀座6丁目に移転拡大
レキシア 銀座並木通り
本店を移転・拡大
 
 
ロレックス正規品専門店「レキシア銀座」オープンロレックス正規品専門店
「レキシア銀座」オープン
創業125周年感謝の集い創業125周年感謝の集い
名古屋にレキシア銀座栄ラシック店オープン名古屋にレキシア銀座
栄ラシック店オープン
レキシア銀座並木通り本店として拡大オープンレキシア銀座並木通り
本店として拡大オープン
大阪にレキシア銀座心斎橋店オープン 大阪にレキシア銀座
心斎橋店オープン
レキシア GINZA SIX店を銀座6丁目にオープン レキシア GINZA SIX店
を銀座6丁目にオープン
レキシア 銀座並木通り本店を銀座6丁目に移転拡大 レキシア 銀座並木通り
本店を移転・拡大
TOP